コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

東京タワー!

東京タワー行きました!



展望台から。
奥の方の小さい長細いのがスカイツリーです。



夜はまた違った顔に。



お土産♪(´ε` )



タワーのスノードーム。
かわゆい!!!



今年も後少しで終わりますね。

やっとツリー片付けて…(遅

これから年賀状と大掃除…( ;´Д`)



猫の手…

遊んでしまった私が悪いんだけど…(T ^ T)

明日、もしくは明後日から(意思が弱い)頑張ろ~
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

今年の夏は

やっぱりサマソニが今年の夏一番の思い出!

娘も初のフェス参戦でした。



日中は暑いのでひたすらメッセに篭り、夕方涼しくなったらビーチステージへGO♪



貝殻拾ったり。



撮影(!)されたり…。

お目当てはTAHITI80!!
夕焼けで暗くなって一番星キラリの素敵な時間にライブ。
娘も予想以上に楽しんでくれて私も嬉しくてひたすら抱っこしてぴょんぴょん!
(翌日筋肉痛になりました…)

世界一大好きなバンドを娘と楽しく観れて最後のHeartbeatでは泣きそうになりました。

そして…

も、も、もらっちゃったーーー!!!

TAHITI80のサイン!!!



サイン会がありました。
これが私のサマソニのメインイベント!!

メンバーの皆さん娘にハロー♪と声かけてくれて優しくて。
最後、ボーカルのグザヴィエには

「コンニチハ ボクハ グザヴィエデス」

と挨拶して貰った娘。感動~~~~~~~!!!
その時の様子がサマソニのHPに載っています♪( ´▽`)
(moreから見れます)


「ライブばっかり~~~~~!」

ごめんにゃー!!(翌日は別のフェスに行った飼い主)
留守番組もありがとー!!

続きを読む

コンテントヘッダー

ひふみよレポ!

前々回の記事でひふみよ相模大野にまさかの当選!!と書きました。
その後届いたチケットはまさかの4列目。
ありえない神席で観た小沢健二のひふみよにどっかーーーんと撃たれてしまった私は
その後新潟にも一人遠征してしまったのでした。
そのひふみよレポです。
映像化を激しく希望しているのですがされなかったときの為に。
すんごい長文です。


ひふみよ 小沢健二コンサートツアー二零一零年 五月六月
新潟県民会館レポです。


語り(朗読)は自分の記憶といろんな所を徘徊して繋げたもので
正確なものではありません。
後で修正するかも。


相模大野から約1ヶ月ぶりのひふみよ。
あの時は本当に凄い衝撃でさらに席も飛ぶ唾すら見える神席だったので
今回は少し落ち着いて観ようと自分に何度も言い聞かせて挑みました。
前回は前過ぎて見渡せなかったけど(スカパラホーンズの真ん前、楽しかった!)
今回はステージ全体が見渡せる席(でもまたスカパラホーンズの真ん前)
小暮さんや沖さんが見れるー!
しかし、2度目でもこの緊張。
きっと3度目でも4度目でも緊張しちゃうんだろうな。これだけは。
アフリカンなBGMが終わり、会場は真っ暗闇へ。

にーいがたぁぁあーーーー!にーーいがたぁあーーーーーー!

と2度民謡っぽい感じ?で叫ぶというか歌って・・・

ひ、ふ、ひ、ふ、み、よ!(このカウント大好き!)

暗闇の中の流星ビバップ!(また号泣)
会場の盛り上がり炸裂!
泣かない訳ないじゃん、いきなり流星ビバップで!

ほわんと小沢君の顔が照らし出される。

語り(朗読)

-2003年NY大停電。
2003年、夏の日の夕方、NYで大停電が起こる。
パニックが起こるかと思ったがそんなことはなかった。
みんなが自分と感じの合いそうな人を探り合っている。
みんなが頑張ろうとしていた。
いつも小銭をねだってくるホームレスのおっさんが大活躍している。
あそこでは水が飲めるとか、風通しが良いとか
近所の事情にやたら詳しい。
小さなラジオ局がホームレスのおっさんの様に活躍した。
停電はNYだけではなくアメリカ北部とカナダまでも覆っているらしかった。
暑い夏の夜が始まる。
生鮮食品を売る店はどうせ腐ってしまうのだからと肉や魚を配り始めた。
どこの家でも蝋燭の光の下で大勢の為の料理が始まった。
電池で動くラジオやCDプレイヤーから音楽が流れ続ける。
暗闇の中で音楽は甘く、くっきりと聴こえる。
雪の上を歩く動物の足跡のようにはっきり見える。
音楽を作った人の気持ちがどっきりする位近くに感じられる。
同じ暗闇の中、同じ気持ちの人たちがいることを感じる。
昔の人たちは門構えに音と書いて闇を表した。
いつも同じ感じで進んでいく世の中で、全然違う世の中が見える。
一瞬だけ全然違う僕らの在り方が見える。
明日は電気が復旧して元の生活が帰ってくるだろう。
世の中の裂け目で、真っ暗闇の中で音楽を聴いていたことは絶対忘れない。
その記憶は消えることはない。

また暗闇に包まれて流星ビバップ。

 「僕らが旅にでる理由」

途中からステージの照明が付いて会場炸裂☆

語り(朗読)

-国境の話
旅をしていると違ったものだったり当たり前の事だったりその両方が面白い。
北海道の雪の上を猫が歩く。
アイヌのおばさんがカラスを集めてやろうかと言う。
猫やカラスには国境はない。人間も昔はそうだった。
太平洋の島々は形が良く似ている。
角度を変えて見ると分からなくなったりする。
日本人はいろんな国の似ている人がいる。何かのきっかけで落ち着いたのだろう。
僕はよくメキシコに行く。
日本人はメキシコ人に似ている人が多い。特に男の人。
海流の魔法のじゅうたんでここまできたのだろうか?
ベーリング海峡が繋がっていたのは本当かもしれない。
極東の地を猫達が歩く。僕らのご先祖さんも歩く。

昔の人はひふみよと数を数えた。
「ひ」の倍は「ふ」で「は行」
「み」の倍は「む」で「ま行」
「よ」の倍は「や」で「や行」
「いつ」は勢いが付いた「つ」で「つ」の倍は「と」で「た行」
音と数を繋げている。
昔の人は数をばらばらではなく繋がりで表していた。
もし、ひふみよのような考え方で数学が作られていたならば
今とは違う考え方になっていたはずだ。
想像力はそういったものを考えさせてくれる。
猫や鳥のように。
ぶつかることがあっても想像力はそれを飛び越える。飛び出そうとする。

「天使たちのシーン」
「苺が染まる」(新曲)
「ローラースケートパーク」
「東京恋愛専科」
「ローラースケートパーク」

東京恋愛専科♪BASS LINEに乗って歌いましょと踊りましょの所、好き!
両手を広げてみんな一緒に!って感じで。

そして、あのイントロ。
ラブリー!!!で会場がさらに盛り上がったところで演奏ストップ。
「みんなお待ちかねのこの曲ですが後でやります」
「僕が新潟のステージのそでそでそでで(かんでた w かわいいっ w)
泣きながら作ったラブリー」と、スカパラホーンズとにんまり。
「歌詞の変更があるのでみんなで練習します」
「それでLIFE IS COMIN' BACK僕らを待つ」は「それで感じたかった僕らを待つ」
「CAN'T YOU SEE THE WAY IT'S A」は「完璧な絵に似た」
「絵は絵の具の絵です」
「聞き取れなかった人いますかー?分からなかったら隣の人にでも聞いて下さい」 w
で、みんなで練習しました。楽しいーーー♪

語りの合間に謎のダンス。
そのときの曲も新曲だといってました。
この謎のダンスがまたかわいんです。

「今、やろうかなーと思ってる人、せっかくですからどうぞ」と w

語り(朗読)

-大金持ちと貧乏人の話
買ったスニーカーを1度しか履かない大金持ちの友達がいる。
ファーストクラスに乗って海外に行けない人なんてかわいそーという。
でもエコノミークラスに乗る人は行くところは同じなのに100万も出して
ばっかみてーという。
同じように日本で貧しい国の映像を見て、スニーカーに穴が開いてる、
かわいそーという。
でもそれは大金持ちが言っているのと同じことだ。
貧しい国の人たちは東京じゃ駐車場に3万も払うの?あほらしーと言っている。
幸せに新しいもの、古いもの、高い、安いは関係ない。
むしろ古いものの方がいい。

イスラムの友達が日本のマツダRX-7の中古車に乗っている。
俺、この車が一番好きー。傷ついても気にならないし。
その街にはその街の大衆音楽が爆音でかかり続けている。
リズムは違っていても歌の内容は似ている。
張り裂けそうな思いだったり、この世界にいる喜びだったり、恋人の事だったり。
国は違っていても考えることは変わらない。
僕らはたいして変わらない。
何処の街でもその土地の大衆音楽が愛され歌われる。

僕はこの街の大衆音楽の一部であることを誇りに思います。

タイ?インド?っぽい映像がスクリーンに映し出され、曲もアジアな感じ。
ここで・・・まさかの・・・

「カローラ�に乗って」

いや、もうそのセンスは凄いです。

「痛快ウキウキ通り」みんなうおーーーって完璧に w
「天気読み」テクノっぽいアレンジで格好良すぎ!
「戦場のボーイズライフ」
「強い気持ち 強い愛」
「今夜はブギーバック」やはり会場完璧でした w

語り(朗読)

-安全、安全ボケの話。

僕はいろんな国に行っているから旅行者の目で日本を見ることが出来る。
日本では安全が流行っているらしい。セーフティとかセキュリティとか。
火が勝手に消えるガスコンロや自動車のチャイルドロック、
ポットもロックを解除しないとお湯が出ないようになっている。
でも、これでは危険を察知する能力がなくなってしまうのではないだろうか。
建設会社の友達から安全ボケという言葉を聞いた。
様々な安全対策に守られている安心感から注意を怠り事故が起こるらしい。
しかし、この国では自転車に乗っているときだけは別。
自転車に乗っている時はそんな事はどうでも良くなってしまうらしい。
僕の傘の下を自転車にのったおばさんが通り抜ける。
子供をかごに放り込んだまま走っているお母さんが転倒したら
子供は何メートルも飛ばされてしまうだろう。
一方通行も自転車は逆走する。
何でも法律で規制するアメリカではこれらはすべて違法。
中国やベトナムをイメージするかも知れないが日本も負けてはいない。
危険なんて関係ねぇ、神様仏様の言うとおり。
欧米化されてきた日本だが自転車に乗っている時だけはアジアのスイッチが
入るのだろうか。
あぁ、夢が夢なら構わないってか。
それはヒンズー教や仏教的な感じ、シルクロードっぽい感じがする。

人間が唯一の支配者であるという発想は日本ではない。
少なくとも都会を離れた場所に置いては。
アマゾンの奥地に歩く木があるというと
アメリカ人はそれを分析しようとするが
日本人はあぁ、歩く木もあるかもねーという。
植物にも虫にも魂が入っている。
学校では教えてくれないけど。

「麝香」

語り(朗読)

-笑いについて。

アメリカの笑いは大味であるという人がいる。
日本の笑いって微妙だから外国には通じないよねって人がいる。
笑いっていうのは一部の人にしか分からないものの方が面白い。
スタンダップコメディというのはある人種の層を狙っている。
それぞれの国や人種にしか分からない所を狙っている。
ハリウッドは全世界にマーケットを回しているのでどうしても大味になる。
だが、たまに分かる人にだけ分かる笑いを入れる。
人はそこだけでしか笑えない所ではいつもより思いっきり笑う。
他の人には分からないだろうと思うからだ。
あーこれ分かっちゃうんだよねーって所で人は笑う。
そういう排他的なもの。

音楽にもそういう所がある。
そんな曲を作ることに挑戦しました。
分かる人にだけ分かる曲をつくりました。

にんまりしてください。にんまり。

「シッカショ節」(新曲)

いや・・・これは爆弾です。
王子が「はぁ~ヨッコショー!シッカショ!」と!!
民謡です!
この曲はひふみよのウェブサイトでDL出来ます。
ご本人が自ら作ったひふみよ口座にお好きな金額を振り込むという
投げ銭リリースです。

「この曲は新潟のお祭り(名前忘れたー)に紛れ込ませて下さい」
この曲は?って聞かれたら、あぁ、これは石川県のシッカショ節・・・って」
ごまかせと! w

メンバー紹介。

「さよならなんて云えないよ」
「ドアをノックするのは誰だ」
「ある光」
「時間軸を曲げて」(新曲)
「ラブリー」練習どおりに!
「流星ビバップ」

アンコール
「いちょう並木のセレナーデ」
「愛し愛されて生きるのさ」

愛し愛されで歌詞が前後間違ってしまい、
間奏のときに

「間違えたーーーーーー!」

かわいいーーーーー!
会場は間違えず歌えてました w

MC
相模大野MC無かったよ!
ラブリーは新潟で初お披露目で開演ぎりぎりまで舞台の袖で
泣きながら作ったことを語ってくれました。
その新潟でラブリーが聴けた!!!
スカパラの沖さんにスカジャンの告知をさせ 
首都圏からいらした方どれ位います?と。
勿論全力挙手!しかもかなり多かった首都圏組!
数の多さに驚いて、写真撮って数数えようかなーと。
首都圏から山中湖も近いので行ってください w とスカジャンボリープッシュ。
(すいません。スカジャンではなくサマソニに行ってしまいました・・・)

最初の真っ暗闇の演奏、あれ、録音です。
いや、本当に演奏しています。
なんて w MCもありました。
暗闇の中、出てくるのは結構怖いんですと。

最後に・・・

「本当に本当にありがとう。呼んでくれたらまた来ます」

最初はピンク、アンコールはグリーンのうさぎ!Tでした。

比べるものではないんだろうけど相模大野に比べてリラックスしてました。
語りの間も音楽は鳴り続け、ずっとリズムに乗りながらの語り。

「今回のツアーでは観客側から来るパワーが凄くてとても気持ちよく
やらせてもらってます」と言ってました。


相模大野のあのあり得ない緊張感は初日の特別なものだし。
新潟のあの楽しさと和やかなMCも特別なもの。

一生モノのライブを2度も見てしまいました
行かせてくれた家族に感謝。


コンテントヘッダー

海へ☆

家族で夢の国に行って来ました♪
ん?夢の海かな?

    DSCN4989.jpg

さて、何処でしょう?

    DSCN5002.jpg

猫達には長時間のお留守番をお願いしちゃいました。

    DSCN5009.jpg

寒かったけど楽しかった~♪

    DSCN4988.jpg

ディズニーシーへ行って来ました☆
この日(3日)はハロウィン最終日でしたよ

    DSCN4970.jpg

唯一一緒に撮ったキャラクター。
名前が分かりましぇん・・・

    DSCN4972のコピー

着ぐるみが苦手なちびっこって結構いるみたいですが
娘はガンガン突っ込んで行くタイプ
「アリエルのミーティンググロット」でアリエルと記念撮影も
しました。この時はちょっと緊張してたかな

ステッチもハロウィン

    RSCN5032.jpg

ダッフィーもハロウィン

    DSCN5018_convert_20091104234234.jpg

で・・・

買わされました。

    DSCN5021のコピー

ダッフィーのぬいぐるみ
後半疲れて眠くてヘトヘトになっても絶対に離そうとしませんでした。
今も一緒の布団で眠ってます。

ダッフィーのお陰で仕事が減ったと猫7匹喜んでます

幼児が乗れるアトラクションは殆ど制覇し、
最後のショー、ブラヴィッシーモ。

    DSCN5027.jpg

感動~~~
でも幼児にはちょっと向いてなかったかも。
ミッキー、最初しか出てこなかったもんねぇ・・・

その後気合いで「タートル・トーク」まで制覇♪

    DSCN5024.jpg

「ファインディング・ニモ」に登場するカメのクラッシュとお話が出来る
アトラクションです。
クラッシュに質問したい人は手を挙げてクラッシュに指名して貰います。
思いっきり手を挙げる娘。
内心、指名されても質問できないんじゃないかな~と思った私。
結局娘は指名される事なく終了しました。
その後、「クラッシュに何て質問したかったの?」と聞いたら
「かめさん大好きって言いたかったの」
・・・
何て可愛いんだぁ~~~
質問ではないけどちょっと感動した母でした。
クラッシュの話術、凄いんです!面白過ぎですよ。
オススメです☆

また行こうね!!



    DSCN4963.jpg

「出番が少ないニャ・・・」

ご・・・ごめんっ

ダッフィーには爪をたてない&モミモミ禁止だからね!















コンテントヘッダー

スタンプラリー

家の近くに下水の水を処理して利用した小川の流れる遊歩道があります。
昨日は遊歩道のおまつりで幼稚園ではスタンプラリーをやりました。

    DSCN4745_20091019212721.jpg

そんな訳で遊歩道の動植物の写真を沢山撮ったので見てやって下さい。
植物には全く無知な為、名前は全然分かりません

    DSCN4867.jpg

    DSCN4859.jpg

    DSCN4886.jpg

    DSCN4889.jpg

    DSCN4872.jpg

    DSCN4870.jpg

    DSCN4885.jpg

    DSCN489_.jpg

    DSCN4863.jpg

    DSCN4874.jpg
 
    DSCN4857.jpg

幼稚園で撮った写真を掲示するらしいので沢山撮りました。
改めてよく観察しながら歩くと小さな発見が沢山でした。
スタンプラリーではポイントごとにそれぞれお楽しみのゲームがあったり、
いきなり「たらこダンス」が始まったり、マジックショーまであったりで
園の先生達もみんなを楽しませてくれました♪
私は歩き過ぎて超ヘトヘト3歳児の体力に負けた~

    DSCN4767.jpg

そして平穏な日曜日が過ごせた7匹なのでした










プロフィール

kyuku

Author:kyuku
世界中の猫達が幸せになりますように!

---我が家の男6匹姫2匹---
KIF_3339_convert_20080503231508.jpg

↑くろ
2003年3月31日に保護。♂。
推定6~8歳。
皆に慕われる温和猫。
あだ名:おとうさん
男6匹のリーダーに任命。

KIF_3113_convert_20080503231729.jpg

↑しろ
2003年3月31日に保護。♂。
推定6~8歳。
年下組に厳しい。
クールギャングなスパルタ兄貴。
慢性結膜炎。

KIF_3181_convert_20080503231910.jpg

↑じろ
2003年3月31日に保護。♂。
推定6~8歳。
218日間の迷子歴あり。
超甘えん坊。唯一旦那が好き。
年の割には子供~な性格。

KIF_2981_convert_20080503232051.jpg

↑マハロ
2005年7月21日に我が家に。♂。
唯一子猫の頃からいる猫。
超スリム。超ビビリ。超偏食。
超旦那嫌い。

KIF_3190_convert_20080503232202.jpg

↑ごろ
2007年2月8日に保護。♂。
犬っぽい性格。抱っこ好き♪
とにかく真っ直ぐ。純粋?
慢性鼻炎。旦那嫌い。

KIF_3252_convert_20080503232352.jpg

↑めろ
2007年3月14日に保護。♂。
威嚇シャーシャーで
触れなかっためろくん。
1年で触れる様に。
ちょっと(?)太め。
優しい性格。

DSCN2074_convert_20080922230338.jpg
↑まご
2008年9月16日に保護。
我が家で唯一のプリンセス☆
只今人慣れ修行中。
猫にはフレンドリーです。





☆リンクフリーです☆

いくつかな?
script*KT*
FC2カウンター
カテゴリー
月別アーカイブ
♪オススメ♪
「名なしのこねこ」
☆宜しくお願いします☆


ランキング参加しています
良かったらポチッと♪

FC2Blog Ranking

☆コメント☆
ありがとうございます!
最近の記事
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。